将来

仕事をしてる

クラウドは今さまざまな使われ方をしていて、今後どんどん進化していくものですが、その将来の可能性を紹介します。

教育では教科書がなくなって2画面のタッチデバイスになりデータはクラウドで管理されてバックアップもしっかりされています。
医療の現場では電子カルテに統一され医者がいない地域ではTVを通して診断することができるようになります。
自動車やカーナビはネットに繋がっていて家庭ではクラウドのゲームが主流となっています。

メリットや問題点

オフィス

クラウドにはさまざまなメリットがあり、特定のパソコンが壊れてしまっても別の場所からデータにアクセルすることができ、パソコンの容量が少なくても多くのデータを保存しておくことができるのでバックアップに最適で自分のパソコンが壊れてもデータや大事なファイルが消えない事が一番の利点です。
クラウドが普及したのには理由があり、データ管理の重要性以外にもクラウド普及の背景ではネット回線が充実したことがあります。
スマートフォンの登場がさらにクラウドコンピューティングをさらに推し進めているので、スマートフォンは携帯電話の延長ではなくパソコンに携帯電話に機能を付けたものってことは外でパソコンを持ち出しているのと同じようなことになります。

クラウドの問題点もいくつかありますが、全てはインターネットに繋がることができなければ何も出来ないことで、全てのサービスはインターネットに接続することが前提で会社が停電になってしまったらクラウドを使用していた場合に大問題になってしまいます。
これは使っているルーターが壊れた場合などにインターネットが使えなくなると業務が止まるからです。

これからは

パニック

クラウドサービスはとても利点の多いサービスですが、問題点もいくつかあり、使用しているサービスが終了してしまうことあったり、さまざまな事情によって無料だったものが突然有用になったりなどがあります。
また、そのようなサービスが終了しなくてもなんらかの事故などによって預けているデータが消失してしまう可能性も少なからずあります。
なので重要なデータやファイルはクラウドだけに頼るのではなくて、別の場所にバックアップしたり、CDやBD、DVDなどにコピーしておくほうがいいです。
今後はブラウザソフトから複数のパソコンでお気に入りのアドオンなどを同期することができるサービスの実験などが始まっています。

近未来の話ではありますがそろそろブラウザやOSなど今までローカルで使用しているものがあたりまえのものまでネットワークを利用することができるようになります。
今すぐ全てがクラウドで提供されるようなことはありませんが、いずれは今以上にローカル、クラウドの意識がなく多彩なサービスを利用することができるようになります。